お話会開催のお知らせ

来月のお話会のお知らせです。 来月10月もボーケットとソープナッツの使い方についてのお話会を開催したいと思います。 日時:10/17(火) 13;30〜15:00 10/21(土) 14:30〜16:00 少し延長するかもしれません 開催場所:東京都三鷹市 (井の頭公園近く) 会費:800円(お茶 お菓子がつきます) ・ボーケット、ソープナッツの使い方やベトナムの話など ・定番商品の紹介、販売 お申し込みは こちら からお願いいたします。 ちょっと使ってみたいけど、やり方がわからない方や 使い始めたけど、正しいやり方がわからないなど、 普段の私のやり方などを、実際に用意して説明をしていきたいと思います。 使えば使うほど、体も衣類も、 本来の状態にもどるようで、へんな力みがなく とても気持ちが良いのです。

これからも変わらずそのままで

我が家にとってとてもとても嬉しい出来事がありました。 北八ヶ岳の黒百合ヒュッテという小屋に皇太子さまがお泊りになり、 天狗岳に登られたのです。 この小屋、私の祖母が建てた小屋なのです。 黒百合平という場所に小屋を建てたいという祖父の夢を、 祖父が亡くなった後に建てた山小屋。 祖母のこと、小屋のことをいろいろと面白く叔父が本にし、 皇太子さまがお読みになられたようで、 過去に数回、来られるチャンスがありましたが、 いつも天気などで実現ならず。 今回の実現までにずいぶんとかかりました。 周りは、叔父がガイドを無事に勤められるか、ハラハラでした。 長年の酷使で、体はボロボロ。 なんとかまだ登れるうちに実現して、ほっとしました。 今は三代目の従兄弟が小屋の主人ですが、黒百合平と小屋を守り続けています。 環境の変化を 山ではいち早く感じられる場所であるため、 野生の動物たちが生ゴミを捨てている場所に食べにくるのですが 皮膚病の野生動物が増えたりした、と叔父が話していたのを思い出されます。 昔はランプしかなく、今も水の確保は大変は場所ですが このままずっと守っていってほしい場所です。 一緒に歩いているのが叔父です。   こちら

お話会をやらせていただきました

9/14と9/18にお話会&販売会をやらせていただきました。 ご参加のみなさま、暑い中ありがとうございました! 使い方やベトナムのことなど、いろいろとお話したり、 参加の方々のお話を伺ったり、 昨日は12:30スタートでしたが、帰られたのが19:00少し前でしでしょうか。 楽しい時間をありがとうございました! 私のベトナム愛を改めて感じる二日間でした。 また開催予定ですので、豆シャンプーは使ってみたいけど、、 なんて思われている方は是非いらしてください。 台風の中、神奈川県にあるベトナム食材屋さんで パンダンリーフとグアバを見つけました。 葉っぱのものがパンダンリーフです。 この香り、ベトナムをすごく感じられる香りなのです。ベトナムのタクシーや車の中の香りが なぜかこの香り。 日本ではタクシー嫌いの息子も、ベトナムのタクシーはOKなのです。 ベトナムではお菓子の香りづけに使ったり、ご飯の香りづけに使ったり。 この葉っぱがあるだけで、幸せな気分になります。

価格を変更と新商品のお知らせ

ボーケットとソープナッツの価格を大幅に変更させていただきました。 ベトナムボーケット ¥1000 → ¥1250 ボーケットフィルターバッグ ¥1600 → ¥1500 ソープナッツ(ベトナムムクロジ)300g ¥1850 → ¥1650 ソープナッツ(ベトナムムクロジ)1kg ¥3800 → ¥2850 また液体のボーケットシャンプーのセット売りを始めました。 3本 ¥4800 (1本あたり ¥1600) 5本 ¥7500 (1本あたり ¥1500) 税抜き価格になります。 またボーケットと相性の良いザボンの皮の商品を2種類販売予定です。 こちらは販売準備(化粧品申請など)に時間が少しかかりますので 販売までしばらくお待ちください。 香りが自然でとても良いのです。 サンプルでいただいてきたザボンの皮の蒸留水を ボーケットシャンプー(液体タイプのものが最近のお気に入りです)の後に スプレーして使ってますが、髪が落ち着いて良いのです。

ベトナムのおみそ

ホーチミンで息子が食べていてcá diêu hồng kho tươngというお魚の煮付け。 大豆がまるのまま入っていたので、お魚と大豆を一緒に煮付けてあるものだと思っていたのですが、 よく調べたらベトナムのお味噌で味付けされたものでした。 このお味噌 tương bần ですが原材料は米と塩と大豆のみ。 日本の米味噌と同じなのですが、 作り方の動画を見てても、麹菌を使っていないんです。 もち米を蒸して、冷まして、並べて、数日そのまま放置してるだけなのです。 種麹らしきものが出てこないのです。 この部屋をみると菌がたくさんありそうなので 自然に発酵してくんでしょうか。 この産地はハノイから30kmくらい。 次回のハノイに行った時には訪れてみます。

ボーケットの使い方 まだつづきます

私自身ボーケットを使うまえ、液体の石けんシャンプーや固形の石けんでシャンプー、その後にリンスをしてました。たまにシカカイパウダーのものなんか使ったり。 ボーケットに移行してから数ヶ月後に、途中で髪がみょうに油っぽいことがあった時期がありましたが、そのまま使い続けています。 いまはすっかりそのようなこともなくなりました。 髪のサイクルが整うまで、移行期があるようなのです。 基本的な洗浄の仕組みが違うのでしょうか。だんだん、活き活きとした髪になって行くので、使い始めた方はそんな時も諦めずに続けて欲しいと思います。 と言うのも、ベトナムに行って、女性の髪の美しさを改めて感じたのです。 内面からの美しさです。 まだまだ必要に思う方は多いと思います。 いい加減に営業しなくては! さてこのボーケット、最初使い始めた時にくしゃみがでて、アレルギーかしら、と思ったのですが、 これは焼いてあることによる、微粉が原因なのです。 これが、デトックスに良いそうです。風邪の時、ボーケット液を入れた容器に顔を向けて頭からタオルを被せて悪いものを更に出したり(鼻水とかで)する使い方もあるそうですよ。 #豆シャンプー

ボーケットの使い方 つづき

前回のブログの続きです。 ボーケット洗髪でベトベトしてしまう方の洗髪方法その2。 ボーケットを全体の3、4割程度にして 他の髪に良いと言われている植物を入れる。 色々な植物の相乗効果ですっきり、しっとり。 こちらはリンスは入りません。 ですが、この方法は日本では難しいですよね。 ちなみに一緒に入れる植物は レモングラス(抗菌作用) ザボンの皮(増毛効果) ホールーバシル(地肌の血行を良くする) カッコウアザミ(フケを防ぐ) ワイヤーグラス(サラサラにする) ニトベギク(フケを防ぐ他、他の植物の作用をしやすくする) 桑の葉(抜け毛、黒くする他にサラサラ効果) またボーケットですが、さやの部分にはサポニン、種は髪を元気にしてくれるそうです。 細かくして使ったり、よく揉んで使う方がより良いです。 上記のものが手に入る場合は上から3つは生でも乾燥させても それより下のものは乾燥させて使用してください。 数に限りがありますが、それらの入ったフィルタータイプのものと、 1回用にパックされたものが少しだけご用意できます。 フィルタータイプはフィルター10個入で1200円 (2種類あります、が 詳細は準備が出来次第お知らせいたします) 1回用のものは、他のものとセットにして1000円 になります(送料別) ちょっと使ってみたいな、という方は メール か こちら  からお願いいたします。 boketjapan@gmail.com 香りがすごく良いです。 #豆シャンプー

ボーケットの使い方

もう一度、ボーケットの使い方をおさらいしたいと思います。 ベトナムでボーケットを扱う場所や、会社の方々と会って、 ボーケットの使い方を良く聞いてきました。 みんな言うことがそれぞれなのでそれぞれの意見をまとめてみました。(笑) 初めて使って、とてもその洗い上がりに感動(私です!)した方もいますし、 使ってはみたもののはじめからベトベトしてしまった、という人もいるのです。 そこでベタベタしてしまう方は次の方法でお試しください。 ボーケットやソープナッツなどは汚れを落とす天然のサポニンを含んでいます。 ボーケットを使う洗髪の時には、そのサポニンの作用で汚れを落としますが 天然なため、人それぞれ違うようなのです。 はじめのうちは時間をかけて徹底的に汚れを落とすことが良いと教えてもらいました。 ハノイで洗ってもらった時は美容院にある洗髪台の中に半分くらいになるように、 抽出液とお湯を入れて、液をかけてマッサージして、また液をかけてマッサージしてを 15分以上やっていただきました。ボーケット液の色はコーヒー色です。 とにかく徹底的に皮脂や汚れを良く落とすこと。 豆を使う場合は、細かくしたものを良く煮出して良く揉んでお使いください。 袋なんかに入れたものを煮出しても良いと思います。 フィルターの場合はフィルターが隠れるくらいの熱湯をそそぎ、 30分以上おいてから良く成分をだして、そのあとフィルターをよく揉んでください。 液タイプのものは多めに使う。 作った液を半分にして2度洗いするのも良いかと思います。 軽くすすいでから、髪をサラサラにするためにリンスをする。 リンスはベトナムではザボンと

最新記事
アーカイブ
タグから検索
RSS Feed