ボーケットの工場へ


ボーケットと他の植物の入ったフィルターパックを作っている工場に

サイゴンから2時間ほどかけて行ってきました。


周りには胡椒畑が広がる田舎町ですが、

とても素敵な場所です。

そちらでは収穫したボーケットや他の植物を焼いたり

乾燥させて、細かくしたあとに1つづつ、フィルターパックに詰めたりと、たくさんのスタッフが働いていました。


こちらの工場、以前はサイゴンにあったのですが

若いオーナーご夫妻の結婚と妊娠を機に

田舎に引っ越してきたのだそうです。


サイゴンの工場を訪れた時より、さらに他の葉っぱ類が増えていて、それぞれの特徴を伺ったりしてきました。

ボーケットと他の薬草類の使い方として、

”これで良い”というのは人それぞれなようで、

自然のものを上手く使いこなしているベトナム人、

面白いですね。


工場見学のあとはお昼ご飯。

地元の地鶏の食べられるところに行きました。

胡椒の産地なのか料理にもたくさんの胡椒が。

よくある空芯菜の炒め物にもたっぷりの黒胡椒。

辛さはそれほどでもありませんが

香りが全然違うんです。

それとゴマ入りのライスペーペーパー。

これはみんな大好きです。


ご飯のあとは、海へ。

ここブンタウはベトナム人もよく遊びに行く海が

あるのです。

ベトナム海の家、賑わっていました。



0回の閲覧