少し前のサイゴンを感じられる場所


神奈川県にある多国籍の方が多く住む

いちょう団地というところに行ってきました。

ベトナム戦争時に多くの難民を受け入れたそうで、

ベトナム、カンボジア、ラオス、中国などの言語があちこちに。


お目当は食材の買い出しとベトナム料理。

私の行った こちら

すごい品揃えのベトナム食材と本場のベトナム料理が味わえます。

まさに現地そのものの味。

ここ、すごく活気のある少し前のホーチミンをすごく感じられるのです。

今のベトナムの経済発展著しく、どんどん建物も変わり、おしゃれになってしまい、

昔からのベトナムファンとしてはとても寂しいのですが、

ちょっと前のサイゴンの雰囲気がそのまま味わえるのです!

言葉も南、元気な働き方も、対応も何もかも南(笑)

口は悪いが、人は良い。そしてゆる〜い感じ。

居心地は最高。一気にお店のファンに。

入り口は入りにくいですが、入った途端そこはベトナムなんです。

お客もほぼベトナム人。

この日は毎週日曜日に通っているベトナム語の帰りに、一緒に勉強をしてる人と行きましたが、

帰り道、北(ハノイ) と南(ホーチミン)の違いを改めて感じると。

日本でも沖縄に行くと、戦争ってまだ終わってない感じがしてしまうように、ここでも同じ思いが。

ベトナム国内でも

サイゴン陥落かサイゴン解放かと

北と南で言い方が違う様に、

北はエリートコースに行けても南は

難しいように、、

まだまだ終わってないんだなー、と。

最近はあまり感じることのなかった思いが懐かしさと共に、ふと感じる一日でした。


*日本語も通じますよ*


0回の閲覧