待ちきれずの老麺種と20世紀の映像百貨


先月の4日から小麦と水から作る自然発酵種に挑戦しているのですが

完成がどこなのかさっぱりわからず。。

ですがちょっとこの老麺?を元種にし、そこから中種、

そして簡単なパンも焼いてしまいました!

一次発酵も二次発酵もOK.

見た目もまあまあ。


でもまだ酸味があるのですよ。

こんなパンも売っているには売っている酸味。

うちの息子には不評。

これはまだ完成ではないので、まだ老麺完成ではないのです。

この小麦からとる自然発酵種は酸味もなく、パンはもちろんクッキーもケーキもかりんとうもなんでもこの種からできるようで。

林弘子さんの本を参考にしているのですが、この種が完成前に

ずいぶん麹作りやら味噌玉づくりやら色々やられてるようで、

そんな中から小麦からの自然発酵種ができたようです。

最近の小麦アレルギーって小麦だけの問題なのかって気もしますが、

この種が完成したら。

あー楽しみ。

本日はドイツ人が残した20世紀の映像百科事典

『エンサイクロペディア・シネマトグラフィカ』のほんの一部を見に

行ってきました。そのあとワークショップなんかもあったのですが

いやー 映像を残してくれたドイツ人に感謝です! 

 内容は

 コロンビア アルファコ族  竜舌蘭繊維の糸作りと紐づくり 1969年 

 ポリネシア人のココヤシ繊維のひもづくり 1960年

 アフガニスタン タジク族のヤクの毛のほぐしと紡ぎ 1963年

 中央ヨーロッパ シュレースヴィッヒ 縄作り2種類 1962年

 中央アジア ホルシュタインの木製で縄作り 1970年

 スーダン マサキン族 木製玩具づくり 1960年

スーダンのヌバ(マスキン族)の少女の なんとも美しいこと!

あー9月にアフリカ旅行、タイ旅行にも誘われているのだけど、

アフリカ人 美しいのよね。 どうしようかな。。


 *ECフィルムのインデックス、見たいものばかりでした


6回の閲覧