感じて、会得して


農藝ハンドブック第2号 『山と生きる』

という本を少し前に読んでいたのですが、

その本の中に 山崎栖野(すみの)さんという方のインタビューをした時の記事が載っているのですが、

んー、なんというか、こんな素晴らしいおばあちゃんがいたとは。

そして亡くなる直前にこのインタビューを活字になり、読み、存在を知れたことに、

じーんときてしまいました。

この山崎さん、子供の頃に百種類のしごとができるからと百姓になることを決め、

ご家族で開拓地の滋賀県甲賀に入植し、その後かなり苦労もあったと思うのですが、

やられてることがとにかくすごいのです。

そんなことまで! なんて事もいとも簡単にやってのけてしまっていて。

菌のこと、醗酵のこと、農薬反対運動のこと、解剖のこと、自然治癒のこと、

建築のこと、とにかく自分で見て聞いて、実行してしまう。

何が良くて何が悪くて、どうすれば良いのか、たえず自分で会得してきたそうです。

蚕農薬裁判の時も、空から農薬をぱーとまかれて、失明した片目を

蜂の鍼治療でご自身で治されたそうです。

最後は癌で亡くなられているようなのですが、その癌が自身の体のどこにあるかも

細かくわかり、何が原因でなったのかもしっかり把握していたのです。

この農藝ハンドブックですが、他に、ブータンの今現在の農業のことやら

インドの医療のこと、菌のこと、などなど。

何回も読み返したくなります。



1回の閲覧