沖縄北部へ 続きです

前回の楚洲から安田の伊部海岸、安波などに寄りながら、


今回の沖縄の1番の目的である こちらへ 





ここはすべてオーナーさんの手作りで、

水は沢から、お風呂も薪で沸かしたり。



私の携帯は久しぶりの圏外になるほど。




共同キッチン。

食事は頼めば作ってくれますし、

持ち込みでも。


お部屋にもキッチンは付いてます。





本当に素敵な場所にあるのですが、ここでは薪で焚いた

真菰風呂があり、近くの川浴びをしたり真菰に入ったりと、

とても気持ちが良いのです。



真菰風呂。


マコモに付いているマコモ菌を発酵させたものが入っていて、色は真っ黒。

お湯は取り替えずに、太陽の光や酸素を入れながら、管理します。

アトピーや病気に良いのだとか。



この川と真菰風呂を裸で行ったり来たり。


ものすごく気持ちが良い!!




実はここは楚洲でお世話になった朝日屋さんが昔カフェをしてた時のオーナーさん。



このオーナーさんご夫婦、とてもパワフルなお二人でして。。



以前、朝日屋さんでカフェをやってたときに、

前オーナーの店舗だった時の石でできた大きくて、

重たーいテーブルを退かしたくてもそのままの状態だったそうなんです。

なんかいらないなー、と思っていたら、

あら不思議、大きな台風がその石のテーブルだけ流してくれたそうで。


ん〜、一歩も二歩も先を行ってますね〜。




朝日屋も森宿山甌もテレビなどはなく、ただただ自然の中で、

その音や匂いと共に過ごす。



ぜひ気になる方は行って欲しい場所です!



ちなみにコロナは沖縄米軍で流行りだしていましたが、

やんばる の方ではあまり多くの人と接する機会も場所もなく、

みなさんテレビも見ていないので。

コロナや大雨のことなど全く頭から消えてしまった数日間でした〜。




今回泊まったお部屋。














0回の閲覧