群馬市城、サイカチの木


連休の最終日に群馬に行ってきました。

目的は中之条ビエンナーレ。

お友達が、ビエンナーレの伊参地区にてワークショップを開催してて、

会いに行くのと、温泉に入りに。

中之条ビエンナーレ、

会場が点在しているため、なかなか全部みるのは時間がないと難しいのですが、友達のワークショップの場所がある伊参(イサマ)地区から、六合(クニ)、六合赤岩、そして沢渡温泉と、周ったのですが、

中之条のお隣の駅、市城駅のすぐ近くに樹齢600年のサイカチの木があると、観光マップに載っていたので、これは行かねば、と思い行ってきました!!

写真では伝わりにくいのですが、

すごい大きくて、

ちょっと迫力がありすぎて、怖かったです。

莢が落ちるのはまだもう少し先ですかね。

ベトナムのものより大きくて、岩手のものよりは小さいかな。

このサイカチ(ベトナム語ではボーケット)の莢、王朝時代には馬を洗うために使われていたそうで、

今は群馬県の天然記念物となっています。



ちょっと戻ってビエンナーレのお話。

六合赤岩の湯本家という重伝建になっている建物の中でもアーティストの方が作品を展示してたのですが、

訪れたのは最終日の次の日。

アーティストの方々が、片付けをしてたのですが、この建物の持ち主の湯本さんのご好意で、少しだけ中を見せていただきました。

完成形の作品を見れず残念でしたが、

とても素晴らしい作品と建物でした。




0回の閲覧