薬草風呂の入りすぎには注意です

赤ザオ族の薬草風呂には入り方があります。


浴槽に足をつけて色々なところにそのお湯をかけ、薬草にならします。

それを5−10分ほど続けた後、お湯に浸かります。長くても20分くらい。


風呂好きの私の母、そして息子はそんな注意を読まず、私が伝えても聞かず、

そのあと”薬草あたり”に。

ベトナム語では”Say thuốc"というのだそうです。

訳は薬に酔うになります。


母はサパの中心より標高の下がる赤ザオの村なのに、

頭が標高の高いところにいるような状態に。

息子は夕飯時に急に米が喉につまり、そのあと口に入れたものが飲み込めずに

外に吐きに行ったのですが、どこに吐けば良いのかわからず、

街灯もない真っ暗な中、石でできた階段から滑り落ちてしまったのです。

頭も打ったらしく、その時はどうしようかとかなり焦りましたが、

意識はあったので一安心。

そしてそこは薬草を扱う赤ザオ族、すり傷の手当、頭にできた4箇所のコブの手当。

いろいろ見てもらいました。

次の朝のバスでハノイに戻る予定が、朝はまだ頭がクラクラして起きられない息子。

なんとか午後一のバスでハノイに戻り、その足で病院に。

特に問題はないということで、ここでまた一安心。

息子も安心したようでした。



本当に薬草風呂の入りすぎには注意です!


母の頭も、息子の喉につまる

(ベトナムのサラサラのお米がつまるなんて本当に不思議なんです)

というのは、どういう意味があったのか。


どちらも薬草風呂の入りすぎで出てきたものだと思っています。



注意を良く読んだら25分以上は入らないとのことで、

2人は40分くらいは入っていたでしょうか、、



今回サパは雨のお天気でしたが、村では奇跡的に晴れでした。

歓迎してくれていたようでした。

また、息子の怪我も大したことがなく、これも何かに守られていたのではないかと。

というのも、朝、ザオのお母さんと母が落ちた現場を見たら、木は倒れ、

まー良くも軽く済んだと思ったそうです。









息子よ、母の言うことを良く聞けよ!





息子のことを手当てくれたお母さん。


本当にターフィン村、大好きです。










0回の閲覧