パラダイス酵母からのお菓子作り

この時期のお菓子作りは、1年の中で一番好きです。


シュトーレンの中身には、

春にせっせと作り置きしておいた甘夏のピールや、長野の実家から送られてくる山ぐるみなど。



林弘子さんのレシピが大好きなので、林弘子さんの小麦酵母(老麺)を

パラダイス酵母からおこしたヨーグルト酵母からの元種を使って、いろいろと作っています。


 *パラダイス酵母はこちらに詳しく書いてあります*



私のヨーグルト酵母の分量は


ヨーグルト150g

水150g

砂糖大さじ1

パラダイス酵母大さじ2


これを煮沸消毒した瓶に入れて、1日2回ほどスプーンなどで混ぜます。

ぷくぷくしてきたら完成です。

この時期でも暖かい部屋に置いておけば、1日くらいで完成します。



これ、ラッシーそのものなので、飲んでも美味しいです!



冷蔵保存で1ヶ月は持ちます。


この種と粉を同じ分量混ぜて、よくかき混ぜ倍量になるまで放置し、

冷蔵保存。

この作業を繰り返します。


これを元種にします。




クグロフにはピールがたっぷりと入っています。




山ぐるみいっぱいのブラウニー。




こちらはパラダイス酵母は入っていませんが、りんごの時期には必ず作るリンゴのシロップ。

煮詰めすぎてリンゴペクチンでゼリー状になってしまいましたが、、、

(最近、火がついているのを忘れることが、、ヤバイです)



やっと、リンゴの美味しい季節になりましたね!!

長野育ちの人は、蕎麦とリンゴの味にはうるさいのでは。


酵母作りででてしまういらない酵母?

日本語では何て言うんでしょうか?

で作るクラッカーにもとても合います!


長野の実家ではこの時期、漬物つくりやら切り干し大根つくりやら大忙しなので、

お茶請け用にと送ってます。


水俣の無農薬の甘夏の来年の注文のお手紙も届いて。


毎年毎年、変わらない暮らしのパターンですが、こんなことが1番大切だなーと感じています。











最新記事