ムクロジとボーケットだけで


一昨年にベランダのプランターに蒔いておいたムクロジの種が今年の春やっと芽を出し、

こんなに大きくなりました。


ムクロジの種とは、羽子板の時の羽に付いている黒い、いい音のあれです。

なかなか芽が出なかったのに、、

ほっといても植物に任せているといいのですね。

相変わらず、家では洗濯も食器洗いもムクロジ&ボーケットなのですが、

最近使い方を少し変えました。

普段着、色なしのオシャレ着、靴、食器、お風呂・・・・ムクロジとボーケットを煮出したもの。

色物のオシャレ着・・・・ボーケットのみ

髪、体・・・ボーケットやハーブいりのボーケット

ボーケットを一緒に使うことでムクロジだけの洗濯の時にだいぶ気になっていた

衣類につくムクロジ自体の匂いがなくなりました。

(ボーケットには抗菌性があるのでスッキリと洗えるように)

そしてすすぎは軽く二回にしました。

お湯洗いでも水でも。

(息子の汚れのひどい体操着の時はお湯を使っています。)

ボーケットを入れた液でも、白いシャツなど黒くならず、

そして食器洗いでも泡立ちが良くなるので、とても重宝しています。

なによりもいいのは、この二つだけで全てが洗えると言うこと。

食器洗いで少し液を捕捉するためにピュアソープナッツリキッドをたまに使っています。

(以前のポンプタイプが使いにくかったので、容器を変更しましたが、中身は同じです。)


左の小さめの容器に移し替えて、キッチンに置いてあります。

そう、このBebio (メーカー名)のこの製品、

European Business Exportsというコンテストのファイナリスト10選に選ばれ、

10月にジュネーブのWTO(世界貿易機構)にてスピーチをするのです。

プレゼンテーションですね。

おめでと—!!

最近の震災の映像をみるたびに、もっとシンプルに、

企業だけではなく、我々の意識も社会責任というものを考えていかなくては

と思うのです。

ゴムの木を植えるより、サイカチや、ムクロジのような木の方が美しいですし。

最後につくり方を

ムクロジ6個

ボーケット4本

水1,5L

これを沸騰したら弱火でことこと15分くらい煮ます。

沸騰時な吹きこぼれるので、注意が必要です。

この後、冷めたら液を製氷皿で凍らせて洗濯には2から3個使用していますが、

凍らせずに50から75mlくらいを使っても。

残った液と実たちを、食器洗いに。

二、三個の実たちを桶に入れ、少しの液と水を入れてスポンジで泡立たせ、使います。


最新記事
アーカイブ