昔のベトナムの女性の美の秘訣


ボーケットの輸入元のHPに上がっていた動画が面白いので

ここでも紹介したいと思います。

若い女性が60代の女性に髪や肌、化粧品について質問しています。

60代の女性が昔から行っている美容法を紹介しています。


まず最初にインタビュアーが喋っているところですが、

この女性はまめに若い頃からベトナムの伝統的な自然な美容法を続けてきたおかげで60歳をすぎても

いまだに髪は長くてつやつやで薄くなっておらず、姿勢もきちんとしています。

髪を若々しく保つ秘訣の1つは1週間に2度、ボーケットを使い洗髪することです。

ボーケット洗髪は昔の女性の洗髪方法の1つですが、

多くに現代に生きる暮らしの中では時間がなく実行できません。

ですがボーケットを使うことだけではなく、昔の女性が実行していた美容法はたくさんあり、

現在もやることができます。

そしてインタビューに入ります。はじめはボーケットについてです。

以前の女性たちはボーケットを使うことが美の秘訣だったんでしょうか?

 ー私は高校の2年生のまだ子供のころから今まで時々ボーケット液を作って、

  髪を洗っています。

どのようにボーケットを作っていますか?

 ーボーケットを焼くというすこしだけ手間がかかる方法です。

  ボーケットを焼き、細かく折って、それから水とともに煮立てて、香りのために

  パンダンリーフの葉っぱを加えます。

パンダンリーフの他には、他の女性たちも使っているザボンの皮も使いますか?

 ーはい。

  他の方法として、ライムを直接髪にこすりつけて、そのあと水で洗い流します。

あなたと同じようにボーケットを使った場合、効能は何でしょうか?

 ー抜け毛が減ります。母や姉も昔からから抜け毛が少ないです。

歳を重ねてもあなたのように黒くつやつやなんですね。

 ー私は62歳ですが髪染めを使ったことがなく、白髪もなく黒いままで、

  抜け毛も少ないです。

次に肌のための美容法です

肌のためには何をしていますか?

 ー私の時は今よりも簡単で、自然にあるものをいくつかつかいます。

  私の例ですと米のとぎ汁。最初の水です。

  米を最初にとぐ時に、水を少しだけ入れてとぎ、器に移ししばらくおき、

  上の水をすてて、下に沈んだものを顔に塗り30−60分おき、水で顔を洗います。

  水で洗い流した後、手で顔を触ると肌理が細かくなりつやつやしているように感じです。

米のとぎ汁の他にはどんな方法がありますか?

 ー胡瓜を薄くスライスしてパックしたりバナナを薄くスライスしてパックし

  30−60分、水と一緒に使います。

  気持ちがよく、肌が柔らかくなります。

ここでのバナナとは これ

つぎにファンデーションのことに続きますがまた次回。

発酵のこと、冨貴電報のこと、ムクロジのこと。

いろいろ書きたいことはあるのですが、なかなかブログ書けていませんね。

蠍座木星期に入ってからは、ものの見方、人との付き合い方がよりはっきりしてきている様な

気がしています。


最新記事
アーカイブ